認定こども園コンサルタント 金子誉のコンサルティング日記

5月 26, 2020 12:05 pm

経営者の力とは?

Uncategorized

本日は「経営者の力とは?」というテーマで書かせていただきます。

新型コロナウイルスが発生しているこの状況下では、経営者としての力がより求められてくることは間違いありません。

それでは経営者の力とは一体何モノでしょうか?

この話をさせていただく前に「会社」という存在について考えてみたいと思います。

会社とは、社会に対して何かしらの価値を提供をするために「組織として存在をしていた方が都合がいい」と判断した集団です。

学校で考えた時に「その地域に何かしらの教育を提供したいけど、一人でやるのは難しいので組織として集まり実施をしていこう」というイメージです。

しかしこの状況が新型コロナの影響で大きく変わります。理由は「情報のオープン化とオンライン化」です。

学校でこの「オープン化とオンライン化」について考えていきたいと思います。

例えば学校の授業で考えた時に、
「オープン化とオンライン化」によってどこでも・いつでも・誰からでも受験対策のための授業情報を入手することができます。この結果、「受験対策だけのために」学校に通う必要がなくなってきます。

このように考えると、偏差値を上げるための「学校」を運営し続けることの意味が希薄化していくことが予想されます。

このような状況は今後様々な業界で発生することが予想されます。つまり全ての業界で「会社」の存在意義が問われることになります。

実施に「偏差値を上げる」という機能は市場に委ねられている部分が大きくなっています。

ここで今回のテーマである「経営者の力」の話に戻ってきます。今までの話を総合的に考えた時に「経営者の力」は以下のように定義できます。

「経営者の力」とは組織に「意味」を与えることです。

それでは意味を与えるとはどのようなことか、意味を与えるために経営者に求められる力とはどのようなモノでしょうか?

次回はこの2つの部分を中心にお伝えさせていただきます。

それではまた

金子

■「Uncategorized」カテゴリの最新記事